09/08/24~ 猫のふしぎ缶 newブログはコチラ
→ http://hanapokky.blog93.fc2.com/

スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10の約束
2008年10月19日 (日)
動物は家族です。人間と命の重さは一緒です

一緒に暮らす前に知って欲しい・・・10の約束





1. My life is likely to last ten to fifteen years.
私の一生は10年から15年くらいです。

Any separation from you will painful for me.
その間にあなたと離れている事はとてもつらいのです。

Remember that before you buy me.
私を飼う前にそのことを覚えていてください。



2. Give me time to understand what you want of me.
あなたが私に望んでいる事を私が理解するまでに少しの時間をください。



3. Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.
私を信じてください。 それだけで私は幸せです。



4. Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment.
私を長い時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。

You have your work, your entertainment and your friends.
あなたには仕事や楽しみ、そして友達がいるでしょ。

I have only you.
でも私にはあなたしかいないのです。



5. Talk to me sometimes.
時には私に話し掛けてください。

Even if I don't understand your words, I understand your voice when it's speaking to me.
あなたの話してくれる言葉の意味が判らなくても、
私は全身であなたの言葉を理解します。



6. Be aware that however you treat me, I'll never forget it.
あなたが私にどんな風に接してくれたか、私は忘れません。



7. Remember before you hit me that l have teeth that could easily crushthe bones of your hand
but that I choose not to bite you.
私を叩く前に覚えていてほしい。
私にはあなたの手を噛んだり傷つけたり出来る歯があるけれど、
私はあなたを傷付けてはいけないと、心に決めています。



8. Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy,
ask yourself if something might be bothering me.
あなたが私を叩く前に何故私がそうなったかを一度考えてみてください。

Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long
or my heart is getting old and weak.
食事はちゃんと与えましたか?暑い外に長い時間放置してなかったですか?
もしかしたら私の体が年老いてどこか弱っているのかも知れません。



9. Take care of me when I get old . you, too, will grow old .
いつか私が年老いても、私の世話をしてください。
私達は共に老いて行くのですから。



10. Go with me on difficult journeys.
私に何が起きてもいつまでも私のそばにいてください。

Never say, I can't bear to watch it or Let it happen in my absence.
「もう見てはいられない」「私はここには居たくない」なんて
決して言わないでください。

Everything is easier for me if you are there.
あなたがそばにいるだけで、どんな事でも私は乗り越えれる気がします。

Remember, I love you.
忘れないで・・・私はあなたを愛していると言う事を。





『犬の十戒』DOG TEN COMMANDMENTSより原文を、お借りしました
Author Unknown 作者は不詳 です
スポンサーサイト

ストレス発散♪
2008年10月19日 (日)
たまには「バカヤロー!」と叫んでみる?

心にモヤモヤを残さないようにね。





明日は穏やかに過ごせますように。。。

by・・・・・ちゃい。



無理はしないで♪
2008年10月19日 (日)
つらい時は我慢しないで泣けばいい。

悲しみは全部、涙で洗い流そうよ。





明日には、笑顔が戻りますように。。。

by・・・・・ぴゃー。



寝るのが一番♪
2008年10月19日 (日)
疲れたときは、たくさん食べて、たくさん飲んで

何も考えず、さっさと寝ちゃおうよ。





明日には、元気なあなたに戻れますように。。。

by・・・・・珠緒。



しあわせ連鎖♪
2008年10月19日 (日)
うれしいと笑顔になるよね。

あなたが笑顔でいると周りも笑顔に染まっていくよ。





明日もいい日でありますように。。。

by・・・・・ちゃい。



いつも、そばにいる♪
2008年10月19日 (日)
平凡って、しあわせなことだよね。

でも、気がつかないでいると、逃げちゃうよ。


DVC0056.jpg


明日、素敵なことが訪れますように。。。

by・・・・・ちゃい&ななお。



出会い・・・みーぁ
2008年10月19日 (日)
95年春、外で飼ってるお宅の黒猫が五匹子供を産んだ。
その内の三匹は片手が短く曲がって生まれた。

とても可愛いこの子達は、いつも転びながら走っていた。
小さな三匹はいつも楽しそうに、じゃれて遊んでいた。
でも、その姿が痛々しくてつらかった。

引越しをされると聞いて、一匹引き取ることにした。
他の二匹も、もらわれていった。

片方のヒジを地面につけながら歩いていたけど
治療でどうにか両手両足で歩けるようになった。



↑右がみーぁ

今では・・・・・子うさぎサイズの、おばあちゃんねこ!!!!!



出会い・・・キキ
2008年10月19日 (日)
みーぁと姉妹のこの子は片方の手が異常に短く
治療しても四本で歩くのは不可能だった。

歩く時は肩をつけて、走るときは頭をつけていた。
だから、顔の周りがいつも泥だらけだった。

他所にもらわれて数年後、飼い主の転居をきっかけに
ウチで引き取ることになった。

心配だった歩行も三本の足で器用に歩いていた。


↑左がキキ

今では・・・・・俊敏な巨漢ねこ!!!!!



出会い・・・ぴゃー
2008年10月19日 (日)
学校帰りの姪から
「子猫連れて行くから手当てしてあげて~」と連絡があった。

聞くと、公園にダンボールに入った子猫が捨てられてるとの事。

見てしまうと心が揺れるので一度は断ってみたものの、気になって
「連れておいで」とすぐ返事をしてしまった。

その時は、これ以上飼える状況ではなかったので
外猫にエサをあげてるご近所に一声かけて置いてもらった。

しかし、
まだ、離乳食前かなぁ・・・?
明日、雨降りそうだな・・・?と

その夜ずっと気になって、次の朝走って迎えに行った。

一晩とはいえ、放っておいてゴメンネ。



今では・・・・・重量級の、メタボねこ!!!!!



出会い・・・ちゃい
2008年10月19日 (日)
建設会社の屋根裏でず~っと鳴きつづけていた。

道行く人が見上げながら、のぞきながら歩いていたので
悲しい声の在りかを探すのに時間はかからなかった。

きっと、母猫に置き去りにされたんだろう・・・・・
鳴き疲れて声もかれて・・・・・それでも
「ここにいるよ」と訴えているようだった。

その日は祭日で、通りがかりの人にお願いして、
どうにか保護することができた。

見ると、まだへその緒がついていた。
触ると、こわれそうなくらい小さかった。
両手で包んでも、ずっと震えて鳴いていた。

この日の二日前、もう一匹小さな子を保護していた。
たぶん、ちゃいの姉妹だと思う。
hakuchai.jpg

あまりにも小さくて、弱くて、預けていた病院で天使になってしまった。
わずか12日間の命だった。

姉妹の分も幸せで、健康で、長生きして欲しいと思った。



今では・・・・・NO.1のアイドルねこ!!!!!



出会い・・・珠緒
2008年10月19日 (日)
「お宅でお願いできませんか?」
「・・・ウチでは、これ以上・・・・・」

話し声と猫の鳴き声が耳に入り玄関に行ってみた。

子ねこを抱いたその人の話では
道路を横切っている子ねこを助けたのはいいけど
飼えないので知り合いからウチを教えてもらい来たらしい。

ウルウルとしたその目はまだ見えなくて
元の場所に置いてくるわけにもいかず
引き受けたその夜にミルクと哺乳瓶を買いに行き
わが家の一員になった。



今では・・・・・スタイル抜群!マッチョねこ!!!!!



出会い・・・七緒
2008年10月19日 (日)
駐車場の出入り口にオレンジ色のカタマリが見えた。
近づいてみると子猫が倒れていた。
どうやら事故に巻き込まれたらしい。

放っておけず、家からバスタオルを持ってきて包むと
まだ体は柔らかく、ほんの少しだけどぬくもりがあった。

火葬を頼んだ次の日、
同じ子猫が車体の下にいるのを見つけて驚いた。

もしかしたら、昨日の子猫と兄弟で
突然いなくなった相手を探しにきたのかもしれない。

「おいで・・・」と両手を差し出したら近寄ってきてくれた。
「ウチに来る?」・・・・・

この時、7匹目の仲間入りが決まった。




今では・・・・・犬に挑む、肝っ玉ねこ!!!!!



出会い・・・くぅ
2008年10月19日 (日)
行きつけの大型スーパーの入り口に
置かれたとても大きなダンボール・・・

箱には「誰か可愛がってください」と書かれていた。

中をのぞいたら生後一ヶ月位の子が二匹、
箱の隅で寄り添って、おびえている様に見えた。

二匹共、ウチの子にしようと抱き上げてたら
優しそうな家族連れが「一匹育てましょう」と声をかけてくれた。

お店の人の話では、朝発見した時は七匹いたそうだ。

今回はみんな引き取ってもらえたけど
不幸な猫が増えないためにも
繰り返すことだけは、しないで欲しいと思う。

兄弟ばらばらになってしまったけど
みんな、しあわせになってね。





今では・・・・・やんちゃな、暴れん坊将軍ねこ!!!!!



出会い・・・華子
2008年10月19日 (日)
すっかり暗くなった土曜(昨日)の夜7時前。
駅前の一角でボランティアが里親探しをしていた。
( ポチタマクラブの皆さん )


四つのケージには可愛い猫達がいたが、その中の一匹に目が留まった。
姪が溺愛していた猫の生まれ変わりかと思うほどソックリだったから。


写真を撮らせてもらい、落ち込んでいる姪と妹に送ってみた。
7匹もいるので「飼うのは無理」と返ってくると思っていたら、
即答・・・「いる!!!」




↑・・・( その時の写メ )


急いで片付け始めていた場所に戻り事情を話していたら・・・


やけに元気のいい別の子がケージから、出せ!出せ!と暴れていた。
この子も昔ウチで飼っていた子に似ていたので連れて帰る事にした。


前の子は二匹とも男の子。今回は二匹とも女の子だったので・・・
それぞれの名前に「子」をつけて、「ちょび子」と「華子」にその場で決まった。






今では・・・・・天然・不思議少女ねこ!!!!!



猫缶オープンしました
2008年10月19日 (日)
はじめまして♪管理人のはなです
ここに遊びにきていただいてありがとうございます

これから、ふしぎな魅力を持った猫達との日々をお届けしたいと思います

8個の猫缶から、どんな発見や驚きが飛び出すか・・

平凡な日記だけど、
一緒に、笑って、泣いて、楽しんでくれたら、うれしいです



それでは、みんなでご挨拶を・・









あ!3匹たりませんね


明日からボチボチと顔を出しますので、よろしくおねがいします



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。