09/08/24~ 猫のふしぎ缶 newブログはコチラ
→ http://hanapokky.blog93.fc2.com/

スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えないもの
2009年04月01日 (水)
いつもは部屋の中に置いてる「ニャニャコーポ」と「二階建て宅急便」

今日は風がやさしかったのでベランダに出してみた






( 早速お集まりの爆裂軍団ご一行様 )





陽が欠けるまで、ここでお昼ねしましょうか・・

それとも、バードウォッチングがいいですか?





『フワァ~ア、まだ眠いよ』 『!』

『あたしはくぅちゃん呼んで来るね』





おやおや~君達、真剣な顔をして一体何を見てるの?

面白い物でも発見した?鳥がいた?






( ジーッ・・ )








( ちゃいも )








( 華子と珠緒も )








( くぅも )





瞬きもしないで見つめるその先には何があるの?

また、輝く星が見えた?











私も同じ方向を見たけれど何もなく

そこには、ただ青く広がる空があるだけでした











空には人間には見えない何かがあるのでしょうか


スポンサーサイト

珠緒の想い
2009年04月02日 (木)

『こうして外を見てると時々思い出す』









『近くで物音がすると帰って来たんじゃないかと錯覚するよ』









『誰か来たの?』   『いや、勘違いだ。帰れるわけ無いからな』









『また、星が光ったよ』   『別れを言いに来たのか?ハチ・・』





もうすぐ、2年経つんだね。君が居なくなって

もうこの世には居ないと覚悟したほうがいいよね





『あいつは小さい時に人間から酷い目にあったんだろうな』

『かわいそう・・』   『誰にも心を見せようとしなかったよ』





雨の降る寒い日、近くのマンションの床下に居た生後3ヶ月の子猫



「おいで」と手を差し伸べても怯えて、ただ鳴くばかりだった

姪と3人がかりで保護したけど、目はいつも何かに怯えていた






『あそこに猫が居るよ』  『アイツは人には近寄らないから違うな』





1年半、暮らしたけど猫以外には自分から近づく事はなかった

珠緒が大好きで毎朝「きびなご」を貰いに一緒に来ていた、ハチ




外壁工事中の夜に階段を伝って降りて・・何処かへ行ってしまった

もしもの事を考えて名前入りの首輪をしてたけど外れて落ちていた






『オレはココに帰りたかったから鳴いて助けてもらったよ』





2、3度、外で見かけて「ハチ」と呼んだら立ち止まって振り向いたけど

そのまま、走り去ってしまった。 それを最後に見かけることはなくなった






『ずっと、お前に会えなくて寂しいよ、ハチ』





子猫の時の記憶は消えない

怖い経験をする前に出会いたかったよ、ハチ





もう、見ることはないんだよね・・猫団子











自由はあるけど厳しい外の世界


君はそれでも外が恋しかったの?



秘密にしようね
2009年04月03日 (金)
またまた荷物が届いたけど、高さがないからお家には出来ないし

捨てる前に遊んでいいよ、そこの腕白たち





                     『くぅちゃんは、どこ?』

『ここまで来たら「うわっ!」って驚かすんだぁ』







『まだまだ華子は、お子ちゃまだね』

『「注意散漫、怪我突然」って言葉も知らないんだよ』





そんな四字熟語、辞書にはないけど、的は得てるわ





      『あたしを甘く見てるわね。そこに隠れてたのはI knowよ』

『そんな強がり言ってたら「猫突猛進」するよ。行っちゃうよ』








『じゃ、華子の厚顔めがけて・・それ・・』







『ちょっと待って。一時休戦よ』

『見て!見て!また始めてるわ。今度は猫砂袋よ』








( めいっぱい背伸びをしてビニール舐めのお仕事に励む中年君 )





足、短かっ!





 
『ジョーリ・ジョリ・ジョリ×気の済むまで』







『砂袋は、ちゃい先輩の特許なのにさ。この事は黙っていようね』

『私達は、こういう大人に、ならないようにしようね』




ある意味子供の方が「大人」って事ありませんか?

ありますよね



お昼のだんらん
2009年04月04日 (土)
最近、お昼の時間が長く感じるわねぇ~




『ホント!退屈だわっ』     『うっつら・・うっつら・・』     








『ちっとも面白くないわっ』     『ああんっ?僕の事?』






このボヤキは七緒とは関係ないようですよ






『あんたなんかにに興味はないわよ。テレビ番組の話よ』





各局の番組編成で4月からお昼の時間に

見るものがなくなりました





『確かにどれもこれも同じような内容だよな』   『ふぅ~ん』

『だから、最近はテレビ消してるのよ。つまんなくてね』





もしかしたら、電力使わないようにテレビ局が考えたのかも

これも一種の省エネ?




             『バラエティが増えてニュースが減ったよな』

        『あ!珠緒先輩そこに居たの?ボク、そっちに行くね』





くぅは、ニュースに疎いからねぇ

参加したら頭痛くなるよ





『さっき発表された速報、ボク聞いたんだっ!』
   
     『オレの前に、しゃしゃり出て来て図々しいんだよ、くぅ』





ま、その速報とやらを聞いてみましょうか






『発射したって!テンドン!』     『ぶっ飛ばしの刑、確定だな』









『誤情報だし、天丼は発射できんだろ』





一字違いだけど

それなら降ってきてもOKかも~!



ペン子だけは渡せない
2009年04月05日 (日)
二週間前は2分咲きだった公園沿いの桜も今は満開

久しぶりにココを通り、目指す先は準レギュラーのちょび子の家






( 昨日の雨で心配したけど、まだ美しい姿を披露してる ) 





今日は日曜だったので

子供達がスポーツを楽しんでいた






( 暖かい日はここで、お花見する人も居るとか )





公園横の歩道沿いに並んでる木々。通称すずめの木

実は、中を覗くとすずめが集団生活しています






( 木から木へと、すずめが行きかいます。さえずりが聞こえます )





ここからすぐのちょび子の家

で、この家での用は済んだから、ちょび子を探してご挨拶






『今度は何しに来たのよ。相変わらず手ぶらね』





行方不明だったペン子が見つかったらしいので

ちょび子のペン子愛をちょっと確認させてもらった






『あぁ~!返して、触らないで、あたしのペン子』





他のぬいぐるみには全く興味がないのに

ペン子だけは奪うと目の色が変わります






『ぐ、ぐやしぃ~!』








『もうちょっとよ、あたし。気合を入れるのよ』







『やっと手に入れたわっ!』
『すぐに秘密の基地に隠しに行かなきゃ』





テレビボードの上に置かれた人質、ペン子

そのペン子奪還の早業・・7秒ですがどうぞ









そこに居る理由
2009年04月06日 (月)
週末は住人がお休みなので嬉しいちょび子

そのうちに、この場所に移動して日向ぼっこを始める






『遊んでくれる人が居ないからつまんないわ』








『みんな忙しいから、かまってくれないの』





たまの休みだから、する事が沢山あるのよ

じゃあ、私が少しあそんであげようか






『ホント?』








『手加減しないから覚悟しといてよ』





ちょび子はいつも本気モード

でも私は猫使い。華子と違って負けないからね





 
『じゃ、行くわよ!・・・そーれ、猫パーンチ!』








『とどめの、グッサリ・グサグサ・爪攻~撃!』








『イーッヒヒヒ・・仕留めたわっ!』





これくらいの傷で参るものですか

華子じゃないけど私を甘く見たわねっ





 
『これだけの深手を負っても泣かないなんて根性あるわ』





傷の1つや100、どぉ~って事ないけど

そろそろ帰る時間だから、遊びは終わりね






『うっそ~!まだ狩ごっこ始めたばかりじゃん』





私は反撃が出来ないから不利な立場

なので、ここはスタコラ退散しよう






『今度は華子を連れて来てくれる?』





やっぱり同年齢の遊び相手が欲しいんだろう

でも、華子に言ったら拒否られるのは間違いない




「考えとくね」と答えて帰ろうとしたが・・そうだ!思い出した!






『なにを?』





爪は切ってもらいなさい!



脳内メーカー
2009年04月07日 (火)
猫達の一日の始まりは陽だまりの確保から始まる

朝早い時間、部屋の中の陽射しは、まだ弱くて小さい






( 寝起きでテンション下がりまくりの大御所3匹 )





外の方が暖かいので

「コーポ」と「宅急便」を出そうね






『わたしも外に出ようかなぁ』





そんな小さな陽だまりじゃ暖かくないでしょ

それにお日様、ちっとも体に当たってないし






『だから?背中が寒いと思ってたんだ』





みんなベランダに出たから

ちゃいも行ったら?






『あ!部屋の中には、誰も居ないのね』





風が穏やかな日のベランダは日光浴には最適

あちこちで、ゴロンゴロン体操が始まる






『ん?』                        『ジーッ!』





おっ!また何か発見した?






『食いたい・・』  『コイツの脳は食の文字だらけなんだろうな』









( 久しぶりに姿を見せた鳩さん )





羽を休めたら、次の場所を探しに飛んで行ってね

ウチの大食漢が狙ってるから





『いや・・』

『アイツの脳は食・食・寝+変で出来てるな』





追加で、尿・尿も入れといて~



懲りないぴゃーと懲りた華子 前編
2009年04月08日 (水)
いつもの午後の、いつもの見慣れた光景






『もう、怖くなんてないもんね。フフ~ン』





怖くないと言いながらも耳はアンテナを張っている

見つけられて怒られるのもそうだが・・






『アッ!』





コーヒーセットを出す音を聞き逃さないために

つまり、コーヒーシュガーを盗むために





『ヒヤッホー!』  『なんだ!「きびなご」じゃないのかよ』







珠緒は「きびなご命」でコーヒーには無関心





               『また、やってるの?懲りないねぇ華子』

『数が少なくなったから取りにくいのよぉ~』








『よっしゃー!これで3個目ゲェ~ット!!』





こっちはこっちで

懲りないオトコが・・





『ジョーリジョリジョリ×足が痺れるまで』
『ねーぇ・・懲りずにまた砂袋を舐めてるよぉ~』





懲りないのはお互い様のようですが、華子さん





『この奥はどうなってんの?』 『そろそろ限界だな』 
『おや?あれは何?』







               『ジャーンプ!』
『あ・あぁ~!華ちゃ~ん!』





長くなったので続きは明日 

また来てね



懲りないぴゃーと懲りた華子 後編
2009年04月09日 (木)

『どうした?』  『華ちゃんが隙間に降りて上がれないの』







『ここは随分狭いなぁ』

『僕達じゃどうしようもないね』  








『ねえねえ、ここで黒いのがニョロニョロ動いてるよ』








『あっ!お前華子じゃん。そこで何してんだ?』








『かくれんぼか?』








『狭くて身動きできないの』








『前後左右、上にも上がれないの』




ここで急遽、猫会議が開かれたようです


議長・・ぴゃー




『扉を開けても閉めても華子が潰れるな』 『見たらわかるし』

『オレ達は中には入れないし、自力で出るしかないのかなぁ』








『そこで話してないで・・早く・・』








『助けろよっ! パーンチ!』







『華ちゃん大丈夫?』   

『荷物を退けるにも扉を閉めないとダメだ』 『珠緒の言うとおり』








『そうだ!ボクが中に入って様子を見てこようか?』







『ジャーンプ!』

『今、くぅが助けに行ったから。待ってろよ華子』








『一番上の荷物を退けたら上がって来れるかも』








『片づけ・片付け・・・ing』








『じぁあ、華ちゃんを迎えに行って来るね』








『あぁ~、くぅちゃん。今、そこに行くから・・』







『?』  『んもぉ~散々な目にあったわ』

『よくやった!くぅ。さすがオレの愛弟子だ』





くぅの機転で一件落着

12分の救出劇でした






『華子もこれで懲りただろう』





と、懲りないぴゃーも安心していました



他猫のふり見て我がふり直せ
2009年04月10日 (金)
なにやら不穏な空気漂う昼下がり





『昨日の一件でヒーロー気取りだな、くぅ』

            『なんだよ、自分はビニールで遊んでたくせにさ』







『年配者に向かって生意気な態度じゃ・・ヒッ!』

                 『年齢じゃなくて行動力なんだよぉ~!』





くぅの言うとお~り






『いつも、いつも先輩面しちゃってさ』









『肝心な時には、どっかに行っちゃうくせして・・Zzzz』









『おい、くぅ。そこで寝たら怒られるって忘れたのか?』





そこはリモコン置場なので

お座り居眠りお断りです





『ったく体だけはデカクなって・・オツムは、まだガキだよ』

          ( ↑舌打ちしてる教育係ちゃいの影。地獄耳です )







                『なんだ、ちゃい。文句でもあるのかよ』

『叱ってたあんたが、そこに乗ってていいの?降りなさい』





言いだしっぺがこれでは困ります

さすが、ちゃい





『あ・・あたし・・見なかった事にするから・・』

『立場、無くなるもんね』








『あ!見っかっちゃった?』






教育係も、たまにはヘマをするようです、ねっ



道先案内猫
2009年04月11日 (土)
ある時は・・





( 悪の伝道師 )

『悪事がバレタ時はゴロニャンと甘えるんだぞ!』





ある時は・・





( 心優しき指導者 )

『寝る前にはトイレに行くんだよ』





ある時は・・





( 秘密結社の探偵員 )

『今、やばいっす!後で報告します』





その実態は・・






『テレビを見始めたな・・』








『オレが動いても気づかないな・・』








『今から脱走するぞ!』





毎日繰り返す、珠緒の道先案内猫

秘技 「開けドアー猫部屋編」 をご覧下さい









ある夏日の一日 やっぱり!編
2009年04月12日 (日)
日曜の午前中は人間のお疲れ癒しタイム

近くのスーパー銭湯で鋭気を養う






( お出迎えのパンジーが初夏の陽射しとよく似合う )





家を出る前に閉めてきた部屋のドア

やっぱり珠緒が開けていた





  
( 左の部屋は入室禁止200%の為コロコロで阻止 )





帰ってきたら、まずは布団干しから






( パンパン叩くと青空にカラフルな抜け毛が踊ります )
 




ベランダ洗いの前にトイレの掃除

手早く終わらせようか






『おい、アレを見ろよ』







『また舐めてんの』     『言っても聞かないよ』

『ここに置いとくから悪いんだよ』





そして、場所を移しても繰り返すジョリ・ジョリ 






 ( やっぱり! ) 





あっ!この番組が始まったから

ちょっと休憩していいかな?





( 未だ関東圏では幻の某有名番組 )

『おーい、始まったぞ、みんな』





今日のテーマは・・

北朝鮮ミサイル問題と世論調査の信用度






『田嶋先生、孤軍奮闘だね』  『おい、くぅ、見えないぞ』





今、テレビ画面に映し出されてるのは田嶋先生ではありません

国会で質問されてる福島瑞穂さんですね






『華子、勉強になるぞ。一緒に見ないのか?』







『議題が難し過ぎるから珠緒先輩が代表で見といてよ』

『やっぱり!』





ということで、今日はここまで

続きは明日ね



ある夏日の一日 すっきり!編
2009年04月13日 (月)

『おい、どうしても洗うのか?』





その予定ですが、何か?






『今日じゃないとダメなのか?』





一度予定を立てたら変更しない性格なのよね。頑固?

で、ベランダ洗いの準備をしてたら・・






『おまえは何者だ!』





今日の獲物はビニールではないみたい

なんだ?





( 目線の先はカメムシさんのようです・・ヒッ! )





少しゾッとしましたが、他の猫に見つかる前に

小さな命を外に逃がしてあげる事ができました






『もうちょっと開いたらベランダに出られるね』




もう、油断も隙もありません

一人で猫達の行動を把握するのは大変、大変






『お外の鳥さんが見たかったんだ』





ベランダが乾いたら穴の開くほど見ていいから






( 仕方なく我慢の子のくぅと観念した賢い珠緒 )





君達の体がホコリで汚れないように洗ってるんだから我慢してよね

そして終わった後のホースの手動巻取りが面倒なんだわ






( 久しぶりにピカピカになった猫の滑走路・・すっきり!)





この後もう一つ予定があるんだけど






( これなら1時間は大人しく寝ててくれそう・・かな )





家から徒歩5分

いつもの家までひとっ走り






( ふじの花の周りをみつばちが飛んでます。陽射しは初夏 )





目的はただひとつ

オーッホッホ~






『何しに来たのよ。薄ら笑いして気味悪いわ』





この後、鋭い爪をパッチンパッチンと切ったのは言うまでもありませんね

あぁ~!すっきり!



冬に逆戻り
2009年04月14日 (火)
昨日からの雨で急に初夏から冬に逆戻り



飼い主も一日位、猫になって布団に潜っていたいけど

主婦と母のお仕事をしないといけないので起きた(遅くにね)






( ドッヒャー!見事な縦列寝!)





ちょっとでも遅く起きるとこのありさま

猫なりの嫌がらせのようです






( その右手は何かを求めてるのか? )





飼い主の足音にもカメラの音にも無反応

こんなに図太く育てた覚えは無いのだが






( 何だ?この微妙な隙間は・・くっ付きなさい)





で、クッションを蹴り落としたのは珠緒?

それとも、華子?






『うるさいんだよ!オレじゃーないよ』





じゃあ、華子が狂い落とした?






『くぅじゃなかった?』   『確かに!俺も見た見た』





またか!で、くぅを探したけど何処にもいない



この雨でベランダには居ないし各部屋にもいない

まさか下に落ちたんじゃないよねと外を見たけどいない






『ファ~ァ!目が覚めちゃったよ』





あぁ~そこは立ち入り禁止区域

どうして、そこで寝てるの!出なさい






『いやだ。ここは暖かいから出たくないよ』





そうね。炊飯ジャーとポットの隣は暖かいよね

・・・・・じゃなーい!




          『自分は布団の中でヌクヌクしてたじゃない』

『じゃあ、暖房入れて』





暑さが続いたので夏布団に変えようと思っていたのに今日は冬に逆戻り

みなさん、体調崩さないようにお気をつけ下さいね



猫と張り合う
2009年04月15日 (水)
コーヒーの用意をしてると何処からともなくやって来る華子

近くに居る時は、即発見される確立800%






『あたしを騙そうとしても無駄よ。耳が感知してるから』





忍びの者のように音を立てずに

そーっと準備にとりかかる






『ん?』





まだコーヒーセットには気づいてないようです

ヨッシャー!






『ちょっとぉー!あたしに何か隠してるでしょう』





おぉ~!すんごい顔して私を見てるのわかってる?

その眼差しはあの「ちょび子」を睨むときと同じだよ






『出演料は「きびなご」1袋でいいわ』 byちょび子





友情出演よ!(でもこの2匹に友情関係なんて無い)




おっと、横道にそれてる間に華子が見つけたようです

私も華子が来る前にコーヒー準備に集中しなきゃ!






『あぁ~!急いで行かないと間に合わないわ』








『んもぉ~!ココをまたぐのが大変。股が裂けちゃう』








『あっ!あそこにスティックシュガーがあるわっ!』








『一度下に降りなきゃ行けないじゃん!』





下に降りたと同時に私も準備完了。残念でしたね

華子はスティックシュガーを奪えませんでした




しかし






『今度は負けないからねっ!』





出たっ!猫くのいち華子!

私が忘れた頃、リベンジしにやって来ました。負けるもんですか!



胸騒ぎ
2009年04月16日 (木)
昨日は晴れ間がのぞいたのに今日はまた小雨

天気予報では明日は晴れ?洗濯物溜まるから、そう願います





          『おい!何か始めるのか?』

『今からコーヒー飲むの?』





何も起きないしコーヒーも飲みません





              『オレに隠し事しても無駄だぞ』

『あぁ~何か取り出してるじゃん』





ちょっと早めに食事の用意を

あ!君達が食べる物はココには並びませんからぁ~





『なんだ?こりゃあ』

『猫草じゃないの?』          『ちょっとかじってみようか』








『お腹こわすぞ華子』

『食わず嫌いはダメよ』       『食物繊維は体に良いんだよ』








『マズイなら食うなよ』

『この苦さがクセになるのよ』     『けど、臭いんだなぁーコレ』





お!ここで、教育係ちゃい登場

あとは、くぅとぴゃーが来ればヤカマシ組勢ぞろいだね





『やっぱ、コイツ変わってる』         『あっ!あの子ったら』

『ココが美味しいね』            『吐くまで食ってみよう』





その頃、ちゃいが見つめる先のベランダでは






『ランラ・ラン~』





台所に来ないと思ってたら・・

懲りないくぅです






『ん?何でボクをジッと見てるの?ちゃい先輩』








『あっ!』





これを止めさせる方法はないでしょうか・・



静かなひととき
2009年04月17日 (金)
今日は風がやさしくて日中とても気持ちの良い日でした

午前中に病院に行ったら、まぁ~患者さんの多い事
昨日は午後から休診だったので考える事はみんな同じなのね



1時間後に帰ったら・・






( 七緒と華子のコンビは珍しい )





そこまでくっ付かなくてもいいんじゃない

今日は晴天、暖かいでしょ





『アッ!くぅちゃんと思ってたら・・・ま、いいか・・』

( 七緒は二日酔いのようです )





いつもは、くぅと一緒の華子

でも、眠いからどうでもよくなったみたい






( ちょっとスリムに見える珠緒。華子かと思ったし )





一匹で孤独寝の珠緒、夢の中身は「きびなご」?

そして、くぅは・・・






( シュワーッチ! )





今日は大人しく寝てました



こうして見ると随分大きくなりました

体重は珠緒とちゃいを抜いて4.5キロ超え






( セーフ! )





ぴゃーは全身に太陽を浴びて脂肪を分解中

寝てるんじゃなくて動かないと脂肪は燃えないよ






( ズルズル・・ドタッ! )





私の言葉が聞こえたのか動きました

少しだけ






( 放すものか!と足を掴むぴゃー )





ぴゃーは未だにくぅを女の子だと思っています

どうみても、見えないと思うんですが・・このガッチリ系






( 足だけじゃなくて腰から押さえ込み実施中 )





ぴゃーの勘違いに頭が痛いくぅ

足が痺れ、目線の先に居たちゃい先輩にぼやく、ぼやく






『ボクが束縛から抜け出せるのはいつだろう』








『二千光年後』





ごめいさ~ん!


あぁ~!それにしても今日は暖かい一日でしたぁ~



買い物のあと 1 珠緒VSぴゃー
2009年04月18日 (土)
休みの日には猫と人間の食糧を買いだしに行く

猫砂とカリカリの量がハンパない。そして重い





『今日はオヤツが少なくないか?』

『おっ!ビニール』           『あっ!ポテチ』





いつものカリカリが売り切れだったからねぇー

明日また違う店に行って来るから






『このデッカイ緑のボールは何かしら?』





これは私の大好物!ちょっと高かったけど買いました

でも、君達の食費に比べたら安いもんよ




『わたしはマグロスライスがいいわ』 byちゃい

          『ジョーリ・ジョリ』  『舐めるのやめなよ』 by七緒








『そんなのばかり舐めてるから脳が軽いんだよ』     『・・・』








『なんだよ』     『「きびなご命」のお前に言われたくないね』








『ビニールは食い物かっ!いつまでも舐めてろ』





ということで

いつまでも舐めてるぴゃーの五連発を・・































はいっ、毎度毎度ごくろうさん






『あぁぁ~っ!こっそりコーヒー飲むんでしょ!』





ビンゴ~!!!!! 長くなったので一息つこうか

続きは明日。また見に来てね



買い物のあと 2 私VSぴゃー
2009年04月19日 (日)
オヤツにみんなが好きなマグロスライスを買った

片づけが終わったらあげるから大人しくしててよ





『コイツ!』    『それは、わたしが好きなマグロスライス』

『ビニールの中から美味そうな匂いがするぞ』





えっ!穴があいてる?

そういえば、さっき、ちゃいが遊んでたような





『苦労して開けたのに』  『ちゃい先輩が頑張ったのにね』

( ズルズルと獲物を引きずって行く別名「何でも食う蔵」 )





しかし天敵珠緒が、ぴゃーの独り占めを許さなかった

同志ちゃいのために取り戻してきた





『上手く出してよ』                 『まかしとけ』








『このオレ様に不可能な事は無いんだよ』







『チョイ』     『今度は俺に食わせろよ』     『チョチョイ』






袋から匂いが流れ出て他の猫達もやって来た

こらっ!テーブルの上に上がってはいけません





『美味しいもの食べたいね』 『ワンパターンは飽きたしな』

                         『パックン・モグモグ』





贅沢は許しません

そんな事より、いつまでも乗ってないで降りなさいよ





『何か聞こえたか?』  『怪奇現象?』

『モグモグ』  『ぴゃー先輩いつまで食べてんの?』





さっき拭いたばかりなのに肉球スタンプだらけだし

降りてぇ~!





『何だ、何だ?天の声か?』   『どこから聞こえるの?』

『モグモグ×叱られるまで』





その天の声の主は私だよぉー!

ゴラ!ゴラ!ゴラァ~!!!





『はいっ!』






そして、いつまでも食べてるぴゃーに

渇!渇 !! かーつ !!!



鯉と来い
2009年04月20日 (月)
土曜日、鯉のぼりの飾りつけを町内の人たちがしていた



毎年ウチのマンションからもお手伝いに出かけていたけど

今年は声が掛からなかった。手が足りたのかなぁ






( 携帯から。手前の花は近くの小学校の生徒がお世話しています ) 





この川は昔は汚れていましたが、今は水が澄んで魚や鳥も集まります

町内で定期的に川掃除をしてるのでいつも綺麗です






( ちょび子の家に行く時に渡る橋の上からパチリ )





家に行く途中の花も夏仕様。しかし、ここはミツバチが不在でした



今、世界的にミツバチ不足が深刻で北米では大失踪してるらしい

人為により色んなところで生態系が歪んできています






 




大きなスイカを買ったから少しおすそ分けしに行った

ちょびこは?・・・窓の隙間から「家政婦は見た」状態





 
『前の家の布団叩きが気になって・・何か持ってきたの?』





今日はスイカだけね

ここん家にも「きびなご」あるでしょ。それをあげるわ





『あたしなんて「お徳用きびなご」なのにさ・・』

『IOCの委員は迎賓館でおもてなし受けたそうね』





今回来日したIOC評価委員は100人中の13人

東京は滞在期間中、道路規制したり国賓級の扱いだった






『オンブズマンが反対運動したらしいね』





七年後の五輪誘致にかかる費用は150億

成功すれば経済普及効果は2兆9400億らしい



でも、失敗したら税金は水の泡だもんね

医療や福祉に使って欲しいと言うのもわかるわ






『で、日本五輪の可能性はどうなの?』





4日間の視察後に委員長から高評価を受けたらしいけど

どこの国に対しても失礼な発言はしないでしょ。それが外交だから



なんでも、委員の間では一番人気はシカゴだそうよ






『可能性が低いのに開催願望は高いんだ』




治安では日本ほど安全な場所はないけど

中国であったし、アジアでの開催はどうだろうね



この後リオデジャネイロとマドリードの視察をして

10月2日の投票で決定されるって






『落選したら増税するんじゃないの!』





そんなぁ~。150億を埋めるために消費税アップなんてしないですよね?

それだけは勘弁ですからぁ~



朝一のお仕事  ソファーメイキング
2009年04月21日 (火)
夜中もベランダからリビングに自由に出入りできる猫たち

当然、朝はこうなっている






( クッションとウサギはグルングルン振り回しの刑 )





今日はいつもより頑張ったね。ウルトラ C 級の乱れ方だわ



毎回どんな構図になってるか楽しみなのよぉ~

・・・って、そんなワケないでしょ!






『おっと、ヤバッ!』       『グースカ・グースカ』





珠緒は頭がいいから叱られる前に退散するけど

七緒は要領が悪いから損するタイプ






( 気持ちよく寝てるけど、たたき起こします ) 





毎回、毎朝、このソファーメイクから一日が始まる

二枚重ねてるカバーを外して、作業開始するかぁー






( クッションは穴だらけ、カバーは爪を研がれてビリビリ )





重いソファーをずらして

左右のバランスをとります

















破壊の名人、くぅ登場です

邪魔しないでくれる?






『社会勉強しに来たんだよ』





後ろにまわって

カバーをかけ直すのを見てます











今後の悪戯に役に立つことでも見つかった?






『ン?』





ウサギさんのリボンを結んで髪飾りも整えたけど

狙われるからここで待っててもらいましょう











クッションを並べたら

はい!出来上がり






                              ( ジーッ! )








                              『フフッ・・・』





もう一仕事するつもりね

いいよ、受けてたちましょう



眠り姫
2009年04月22日 (水)
自分の思い通りにはならない、自然と機械

どうやら解決するには限界があるみたい






『ま、そうだろうな』





あれこれ、やってみたけど理解不能

有料ホームステイに出すしかないのかな






『あ、俺のことじゃないよ』





昨日の夜も、今日の朝も、ご機嫌ナナメで眠ったまま



気紛れで少しだけ目を開けてくれたけど

また眠りにつくんだろうな・・






『ちょっと、寝るぞ』





いつ、目覚めてくれるかわからないけど

これは、休みなさいの暗示かも




このフタを閉じたら

今度、会えるのはいつだろう・・






『じゃあな』





私のパソコンは眠り姫



主役は鯉のぼり
2009年04月30日 (木)
29日から大型連休に突入しましたね
(不景気が影響してるらしく16連休の企業もあるとか)



今年のGWは晴天に恵まれるそうなので

近場での催し物に出かけてみるのもいいかなぁ~






( 29日は昭和の日。めっちゃ青空でした )





徒歩5分のちょび子の家までひとっ走り






( そよぐ風が心地よく鯉のぼりも嬉しそう )





この日は特別参加のチビ鯉のぼりを発見

幼稚園児か小学校低学年の作品でしょう






( 手作りでとても可愛い鯉のぼりです )





久しぶりに見るちょび子は・・

サッシのゴミと新型インフルエンザについて語らい中



世界的経済危機といい暗くて不安な事件が多いからね







『・・んなことより公園覗いてきた?何かやってたでしょ』





ちょび子の家のお隣は公園でこの日は朝から大賑わい



「こいのぼりまつり」で老若男女ワイワイガヤガヤ

スピーカーからの音量もマックス






( お年寄りと子供達の姿が目立ちます )





ここの地域では、いろんな行事が行われています

今回のお世話係は「○○長生き会連合会」のお年寄りたち



核家族が多い中、こういう親睦会は見ていて微笑ましいです






( 黄色いジャンパーが良く似合うお世話係の皆さん )





子供達には一足早い「こどもの日」のプレゼントでした






( 公園の入り口では中学生のブラスバンドの演奏もありました )





屋台はなかったので手ぶらで帰宅

ちょび子は、いつもの「お徳用きびなご」をヤケ食い中





『たまには美味しい物でも持ってきなさいよね』

『って言うか、あたしの台詞、ワンパターンだね』





あ!いつもココに来ると思い出すのよ



今度来る時はオヤツ持って来るからね

全身シャンプーのサービスも付くよォ~~~ッホッホ~!






『そんなサービス、こっちから願い下げ・・だよッ!』





あぁ~!また爪が伸びてるね!(よーし、メモしとこう)



来週は、ちょび子家で5匹、我が家で8匹猫シャンプー実施予定

猫使いのGWは猫尽くしで終わりそうです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。