09/08/24~ 猫のふしぎ缶 newブログはコチラ
→ http://hanapokky.blog93.fc2.com/

スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の行列ができる箱 1
2009年07月01日 (水)

『アア~ッ!・・あれは・・』





猫は箱や段ボールが好きだけど

中でもビールの空き箱は何故か行列が出来る






『やった~っ!わたしが一番だわ』





空箱の音に一番敏感な、ちゃい

今日も一番乗りだけど、一人占めは無理みたい






『もう、誰か来た?』





そう、珠緒が予約しにね






            『目の前で待たなくてもいいのに・・』





珠緒だけじゃないよ~





        『先輩何してんの~?』 『あっちゃ~!最悪だわ』









      『ボクも入れて』 『定員オーバーだから無理だってば』









                      『そこに隙間があるよ・・先輩』

『この子ったら言い出したら聞かないんだから』







                  『そこがダメなら上に乗るよ・・先輩』

『仕方ないわねー、出るから潰さないで』









『わたしの教育が間違ったかしら』    『やった~!たのし~!』





そう言えば随分大人しいけど・・珠緒~

くぅに順番を譲ってあげたんだ!やさしいねぇ~






『そうだ!忘れてた!』     『余計な事言ったね!』









『オレが次だったんだぞ!』  『ボーッとしてるからだよ』







           『こうなったら力ずくだ~!オレオレ~』

『ヒェ~!重いよ~!出て行くから降りてよ~』





くぅを追い出して、一安心するのも束の間・・






『・・ったく、何でコイツまで来るんだよっ!』





どいつ?





                   『寝たふりしよっ!』

『まぁ~だかな?珠緒ちゃ~ん!』








                      『Zzzz・・・・・』

『あっ!今、目を開けたでしょ?見てたよ~ん!』





どうする?珠緒・・


スポンサーサイト

猫の行列ができる箱 2
2009年07月02日 (木)

『珠緒ちゃん?ホントに寝ちゃったの~?』





珠緒が狸寝入りをやめないので

オカマチックは痺れを切らして退散しましたが・・






『今度はアイツかよ~!勘弁してくれよ』








『あっ!珠緒先輩が入ってるのに・・』

『強引だわ!七緒ったら』    『ごめんなすって~』









『何だ、中に居たのかよ!代わってくれよ珠緒』









『あ~あ・・』       『わり~な!』『クッソー!』 





そんなに悔しいなら断ればいいのに 

 



『アッ!』    『上に乗るのが好きなんだぁ~』

                     『クソ、クソ、クッソー!』









     『この中で、ぐれてやる~!』





と、一暴れした後、珠緒は何処かへ・・






『上に乗っちゃいけないんだよ』   『どうしようと勝手だろ』





いえ、箱は中に入るのが楽しいんだから乗っちゃダメ

降りないなら私が渇をいれるよ~






『空き箱の遊び方も知らないんだから』





七緒は箱に執着心はないからねぇ






『あぁ~!あんな所に珠緒先輩がー』









『なに拗ねてんだよ、アイツ。可笑しなヤツだな』









『どう見てもオレより、ぴゃーの方が可笑しいだろ!』





こうして箱取りバトルは毎度毎度、繰り返されるのです

ねぇ、ちゃい






『華、華、華子が来たぁ~!』



「お邪魔しま~す」は突然に
2009年07月03日 (金)
ゲリラ豪雨もやんで、時々お日様が顔を出してくれた昨日

こんな日は、洗濯したり洗濯したり洗濯・・つまり、忙しいの~






『あっ!』        『今日の用件は何!』 『ノーコメントだね』





休憩時間に、ちょび子を連れて来ると連絡があった

我が家の猫たちに会うのは久しぶりだよね




そして、みんな、喜んで~!

ぬぁ~んと、今日はお土産付きよ~






『食い物がよかったなぁ?くぅ』     『うん』 『どうすんの?コレ』





ブツブツ不満を言いつつも、入ってるじゃないの

やっぱり好きなのね!ハ・コ!





『前みたいな巨大建築物、作らないわよね?』






あぁ~、アレね

ニャニャコーポがあるから作ったりしないよぉ~、邪魔だし






( 部屋を占領してた建築物 珠緒・・唖然! )





と、昔を思い出してたら猫障害物競走でコーヒーカップに命中

犯人は現場に戻るらしいけど・・くぅ?






『いや、ボクは通りすがりの者です』





カーテンにまで飛び散ってるから急いで洗濯だわ!

段ボールも外に出して被害を防がなきゃー






( つまんなそうなくぅと、ちょび子逃避してる華子 )





すると、くぅの背後に・・





『あはっ!ちょびちゃん見っけ~!』
『今日は段ボールに目が行ってストーカーは無いわね』





それは、どうでしょう






『アイツ、愛は一直線タイプだから困っちゃうの』





きっと純心なのよ





『ボクは君の影法師~♪』

『さて、見つかる前に安全地帯に避難しょうっと』





愛の矢は背中に刺さってませんか?






『早く迎えに来ないかしら~退屈だわ~』





仕事が終わるまで来ないから遊べば?

ぴゃーも気にしてるよ






『お前も段ボールで、かくれんぼしないか?』









『お前って呼ぶな!メタボ!』





あらら~誘ってくれたのに冷たいわね






『言ってやらなきゃ分かんないのよ!メタボ』





あわわわわ・・わたし?



東京ファイナルへGO!
2009年07月04日 (土)
金曜は朝から忙しかった~!

あっちこっちで用事を済ませ気づいたら、もう夕方







『顔を上げるなよ華子。目が合ったら凍るぞ』





失礼ねぇ~

ゆっくり、見れば凍らないから・・って、私はメデューサかっ!






『一気に見るんじゃないぞ』    『声はいつもと同じだけど・・』





明日のために久しぶりに美容院に行って来たのよん

ちょっと褒めたらどうなのよ~






『うわっ!イッコー!』





そこまで短くないけど、これで東京でもOK?






『何しに行くんだよ』   『長い髪をバッサリしたのね』





ファイナルにねっ!

中味はシークレットだけど






『やっぱり、イッコーだ!』





もう、誰でもいいわ! お土産買って来るからねっ!

じゃあ~朝一便で、行って来マ~ックス~!



東京土産はマメと筋肉痛
2009年07月06日 (月)
羽田から最終便に乗って地元空港に着いたのが深夜1時

会場から、走って、走って・・ギリギリ間に合ったよぉ~







『ちょっと陽に焼けたな。泳いだのか?』





私はカナヅチだから泳ぎには行かないってば

ある物を買うのに3時間並んだのよ。これが想定外だった






( 建物から歩道橋を渡り、延々と続きます )





曇り空に時々陽が差す程だったけど、気づけば露出部分が焼けてる

買う予定はなかったのに、限定という文字に、つい並んでしまったわ~






『それにしても凄い人だな。みんな暇なのか?』





ここに集まる目的はただ一つ






( サプライズで赤から青に変わった会場 )





やはり5万人は圧巻。魅せられ感動の連続だった

しかし、ここを離れた瞬間、現実に引き戻される






『綺麗だな・・で、俺たちにお土産は?』





ない!




両足に靴擦れの水膨れ、両腕は筋肉痛

少しの間、主婦業と飼い主業は手抜きでヨロシクネ




ちゃいの受難
2009年07月07日 (火)
以前「ミシッ」と音を立てた宅急便

補修してどうにか原型を留めてたけど・・






( 飼い主の気持ちも知らず縦列寝の華子と七緒 )





定員1名に2匹はキッツイなぁ~

2匹分の重さに耐えられるのか?と、思ってたら






『ちょっと~!これ、どういうこと?』





しょうゆうこと!






『ダジャレ言ってないでどうにかしてよ』





あら、お怒りですのん

でも、ちぎれた所は棒で補強しても、もたないかもね





『でもって、こんな時にKYなヤツが・・』

『あんれぇ~どうなってんの~?』





と、思いつつ、とりあえず上がってみる七緒

それが、ちゃいには迷惑なんて考えもしない





『箱~を越え行こう~よ~♪』

『そっち行くのに、わざわざ、わたしを踏むんかい!』





遠回りしてる間にくぅに先を越された七緒

そして、このまま時間は過ぎていく~





『座り心地が悪いのは何故だろう』    『今日のボクはエキストラ』

『平衡感覚も無いのね!七緒ったら』










『ねえ、どうにかしてよ』





では、このままじゃ危険なので・・

応急処置でこうしましたが、いかがでしょう






( 夏は風を切って走るオープンカー )





車道は走れませんが悪しからず




烏の羽と猫の反応
2009年07月08日 (水)
またまた昼休みにやって来ました、猫好き妹

今回はちょび子抜きで。しかし、猫に思わぬお土産が・・







『何?何?オレ達に土産だってよ~!』





家に来る途中で拾って来たんだって

それ、カラスの羽だよ






『生きてるか?』        『触るとピクピク動くぞ』





んな訳ないでしょ!

でも、匂いはまだ残ってるかもよ





『あたしにも見せて~!』

『野生の匂いがする・・』   『覚悟しろよお前!食ったるからな!』





七緒、ぴゃーの大御所は興味なさげだし・・

やはり反応が尋常じゃないのは、このハチワレか!






           『クンクン』  『コレ、あたしに頂戴!頂戴~!』





そして






『やったぁ~!もらったもんね~!』





大興奮でスキップしながら去っていった華子

このハチワレも尋常ではなかったな






『あんたなんかに渡すもんですか!シャ~!』





と、鳴いてポロリと落とした羽






『ゲッチュ!』





あっさり、くぅの手に






『コンニャロ~!コンニャロ~!』





と、意味もなく格闘をした後






『華ちゃん、虫さんがいるよ』  『どこ、どこ?』





羽は過去の存在に





『取り扱い注意だぞ!』  『クサそ~!』

『菌が付いてるかもよ』        『触ったら手を洗ってね』





散々な言われようです

おっ!ちゃい、羽で遊ぶの?






『美白に関係ない物には興味ないの』





ご立派~!

それでこそ美のカリスマ、ちゃい!






『さぁ、みんな、昼寝でもしようか』





熱し易くて冷め易い猫たち

ん?飼い主似?



箱もいいけど洗濯カゴも好き (前)
2009年07月10日 (金)
梅雨の合い間の青空は短いから

まずは、家事の優先順位1位の洗濯から始めようか






『洗濯物干し終わったから入っていいでしょ?』





今は入っていいけど、干す前に洗濯物踏んでたでしょ

気づかないフリしてあげたけど教育係なんだから反省してね






『何か用なの?七緒』   『僕と代わってよ』





ちゃいは箱が好き。でも、洗濯カゴは、もっと好き

音を聞きつけて必ず一番に乗り込んでくる






『代わろって・・』         『何だよ!くぅ』 『先輩が可哀想』





くぅは、教育係のちゃいに一目おいてるから

七緒の態度には、ムカッときたらしい






           『イテッ!』 『先輩が嫌だって顔してるだ・ろっ!』





最近のくぅは体もデカイが態度もデカイ




        『文句あるなら、かかって来いよ』

『な、なんだと~!生意気な・・・・』





と、振り向いたら、ぴゃーの瞳と「こんにちは」

この時点で、もう戦意喪失。なぜなら・・





                 『ちゃいの楽しみを邪魔すんじゃないぞ!』

      『わかったよっ!』





ぴゃーの睨みは七緒を凍らせるから

で、一件落着と思ったら






『ねぇ、ねぇ~、あたしもカゴに入ってみたい!』





あちゃ~!聞き分けのない華子登場

ここは狭いからカゴを移動していい?ちゃい






『いいけど、珠緒の居ない所にしてね』





オッゲ~!



箱もいいけど洗濯カゴも好き (後)
2009年07月11日 (土)

『代わり映えしない場所に来たわね』





ここなら邪魔が入らないかと思ってね






『すでに邪魔するヤツ居るし』   『僕のこと噂されてる?』





まだカゴには気づいてないみたい





           『ヒドイ!僕の顔、写ってないじゃん!』

『おい、七緒!ちゃいの邪魔すんじゃないぞ!』←キツイお言葉





普段の行いが悪いと、こんな時、訳もなく怒られます

七緒はぴゃーと目が合った途端、逃げていきました






『さっきはアリガトね』    『ここが空いた!ラッキー!』





ニャニャコーポの一番人気は屋上です





                  『曇ってきたと思わない?先輩』

『わたし、天気には興味ないから』





と、世間話をしていたら





『うっそ~・・』   『大変だ!珠緒先輩がやって来たよ』






写真を撮る隙もなく、鬼の形相の珠緒が猛スピードで接近

ちゃいを追い出し、まんまとカゴを占拠






『オレのカゴ略奪成功!』 『何で、ちゃい先輩を追い出すの?』








『ウッセー!ウッセー!ウッセー!んだよっ!』

  『くぅちゃんが・・』        『珠緒先輩には何も言えないしな』





珠緒は悪の育ての親だからねぇ






               『コイツの立派なシッポが羨ましいぜ』





と、言いながらシッポに手を出すのは何故?






『洗濯カゴはオレの物って教えてやる為さ』





そう言われると、元祖カゴ猫は珠緒だったね






『ちゃい先輩の為にカゴを奪回しようかな』





それは、やめときなさい






『オレに勝てる訳ないのに・・甘ちゃんだぜ』





それより、話があるんだけど・・


珠緒・・






『言ってみろよ!』





た、大した用じゃないから・・

あ、後でいいわ~



アンモニア臭のする我が家 (前)
2009年07月13日 (月)

『なんだか・・目に沁みるの』





最近「小」の被害がひどくなった我が家

毛布系は洗っても繰り返されるので処分決定






『鼻にツンとくるわね』





足で踏んだ時、ヒヤッとして気づく玄関マットは常連さん

しかし、これは処分できずに只今保留中






『このシミは何?』   『それはお醤油じゃない?』





ここもか!と思ったけど台所マットは何とかセーフ!

しかし、リビングでアンモニア臭がするのは何故?






『バーリバリ』  『爪研いじゃダメじゃん!』





ジュウタンを裏返しにして探したけどシミはなく一安心

なのに、この悪臭!この在処はどこだと思う?珠緒






『オレの鼻が現場は近いと言ってるぞ』





マットとジュウタン以外に被害に遭いそうな所って・・

他には心当たりがないし






『あそこじゃないか?!』





えっ?うそぉ~!

・・もう!信じられないよぉ~



アンモニア臭のする我が家 (後)
2009年07月14日 (火)
数日前からアンモニア臭が鼻をくすぐる我が家のリビング

その悪臭の根の在処を珠緒が教えてくれた







『気づいたのか?』





最近、観客動員数が少ないとは思ってたけど

こんな所に普通するかぁーーー!






( 猫優先席なのに閑古鳥が鳴いてるソファー )





鼻をクンクンさせて近づいてみる・・・グッサ~イ!

そっとクッションカバーを触ってみる・・・ジットリ~!






( この黄色のシミが月日と頻度を物語ってる )





で、容疑者はヤツだな!






『弁護士を呼んでもらおうか』





証拠もないし現行犯逮捕もできないし・・

それより、においの元をどうにかしなきゃ~






『ヤギさんの匂いがするわ』 『ボクはオレンジ猫の匂いだと思うよ』





臭い物は洗うしかないけど

この大型クッションはどうしよう






『鼻にツーン!て、くるね』





濃縮だからね~






『随分滑稽なソファーになったわね』





いいの!

気にしない!気にしない!






( シンプル イズ ベスト )





これで、臭い知らず

あの悪臭は過去の笑い話よ!おーっほっほ!






( 浴槽にギュウギュウ詰めの洗い物たち )





シルクもゴブランも、ごっちゃ混ぜ

縮んだら縮んだ時!前向き!前向きでいくよ~!



高IQ猫の目標修正
2009年07月15日 (水)
IQが高い猫は更なる向上の為には努力を惜しまない

もちろん習得の早さはピカイチ






『足がカックンカックンしないで飲めるようになったぞ』





台所の蛇口直飲みは裏手から飲めるようになった珠緒

そして侵入阻止の為に貼ったテープにビビったのは過去の事






( ドアノブのコロコロテープも気にせず開けてしまう)





珠緒がドアを開けて行きたい部屋

まずは、「きびなご担当大臣」の部屋






『布団で寝ちゃ悪いか?』





珠緒は「小」をしないからいいけど

開けっ放しにしてると他の猫達が、なだれ込むので困る






『水を出すのが遅いんだよ』





必ず開けるドアの二つ目は洗面所

わざわざココで直飲みしなくてもいいと思うんだけど






『微妙な味の違いは人間には分からんだろうな』





そして、最近どうしても入りたい部屋が出来たらしい

でも、その部屋侵入は私も断固阻止するからね~






『珠緒先輩がドアノブをガチャガチャしてたよ』





コロコロテープの代わりに重い椅子を置いたけど

嫌がらせにガチャガチャさせる音がうるさい






『珠緒先輩は、どうして怒ってるの?』





きっと、思い通りに行かないからよ






『コンニャロメ~!お前もアイツの仲間だなっ!』





掃除機の部品に八つ当たりしても仕方ないのにさ

やっぱり人間のほうが賢いってことね






『掃除機の収納場所、そこじゃないだろ?』





今日からココになりましたが・・何か?



またたび枕は魅惑の香り
2009年07月16日 (木)

『どうしてオレには無いんだ?』





何のこと?






『しらばっくれてさ』





もしかして・・






『オレだって欲しかった!』





娘のお気に入りは、ちゃい

そのちゃいの為にと、猫用あごのせ枕を買った






『クンクン・・』





ある日、こっそり侵入して枕を発見した珠緒






『スリスリ~』





枕の中には猫の媚薬の「またたび」入り






『ギャ・ギャオ~ン!』





突然、発狂し






『アヘ・アヘ・アヘ~』





魅惑の香りにノックアウト






『同じ猫なのに差別してないか?』





差別ねぇ・・そこを突かれると返す言葉も出ないわ

平等を重んじる私としては買うしかない?






『えっ!買ってくれるのか!?』





枕じゃなくて、またたびをねっ!



猫の変わったクセ ちゃい
2009年07月17日 (金)

『ねぇ~今日はわたしの特集?』





ここから顔を出すとかわいいと思ってるでしょ

特集って言っても過去の写真も出るから・・






『餅のように伸びるわね』





これは、眼鏡拭きを引っ張り出してるところ

ちゃいのクセ、その1は引っ張りだすこと





 
( ティッシュを引っ張り出して廊下まで運んで捨てる )





かまって欲しい時は、この作業を繰り返す

従って、放っておくとこうなる






『わたしが悪いんじゃないわ』





はい、飼い主の責任ですね

でも、資源の無駄使いはやめましょう






『かわいいイタズラじゃないの』





それは100歩譲ったとしても、これはねぇ~

ちゃいのクセ、その2は・・






『今日は節分か?こんなに撒いて』





これだけの豆を食べるのは仙人くらいでしょ

現場に居るとまた犯人だと思われるよ、くぅ






『ここに置いて行くからこうなったんでしょ?』





トイレ掃除する前に、ちょっとコーヒーを飲みにリビングへ

ちゃいは居ないからと長居したのが大間違い






『愛があれば許せるでしょ』





ウチの猫はクセ者だらけだけど

砂袋破りのクセはどうにかならない?ちゃい



猫の変わったクセ 華子
2009年07月18日 (土)
ウチは変わったクセを持った猫が多い

最年少の華子も例外ではない






( 冷蔵庫の上は定員オーバー )





奥の隙間でギチギチ寝の華子

もっと広い所で寝ればいいのに






( 白黒仲間の珠緒は黒い肉球で、華子はピンクです )





華子には蛇口直飲みの他にもう一つクセがある

爆睡してても、ある音だけには敏感に反応する






『アア~ッ!』





他の猫は気にも留めないのに






『今から入れるのよね?』





コーヒーを準備してると慌てて飛んでくる






『ヒョイヒョイっと・・』





必ずシュガースティックを引っ張り出し






『もーらった!』





と、盗んで行く

誰もあげるとは言ってないのに・・






『それは紹介した事あるだろ?何か変か?』





変なのはヌイグルミに囲まれた珠緒だね

暑くなって、華子に新たなクセを見つけたのよ






『もぉ~暑くってバテバテよ~』





初めて夏を迎えた華子

暑いからって、その寝相おかしくない?






『だって、女の子だから、オッピロゲ~出来ないじゃん』





それはそうだけど・・そうなんだけど・・?



臨時営業中
2009年07月21日 (火)

『じっとしていられない性格なのかな?』









『ねぇ、珠緒先輩~!』









『今日は臨時営業だとさ』






アジの開きになってしまった宅急便は廃車に

壁に亀裂の入ったニャニャコーポは崩壊したので







『三井のリハウス?』






急遽、NEWニャニャコーポを作ることにした

もちろん、手作りで














段ボールに穴を開け、壁紙を周りに貼ります

穴はMサイズとLサイズ。巨漢な方でも入れます













後は両面テープを貼って積み重ねたら出来上がり

東南角地、敷金礼金なし、家賃は気持ちでOKです







『お・お客様・・』          『また出直して来るよ』






お食事は、バイキングで食べ放題ですがぁ~







『オートロックなのか?』





・・・・・


只今、入居者募集中です



雨の日の猫
2009年07月29日 (水)
ゲリラ豪雨の連日で被害が多発した福岡地方

晴れ間が見えたと安堵したけど天気予報はまた雨






『今日も臨時営業か?』





休んでるけど、たまにはいいでしょ?






『雨が続くと退屈するよね』





ぴゃーは寝るか食べるか

ベランダには出ないから関係なくない?






『まあね・・』





そして雨の日でも気にならない元気な若者

ベランダに何かを見つけたもよう






『おおっ・・』





俊敏なくぅに見つかったら逃げられないよ






『ヨッシャ~!獲物確保に突撃~!』





くぅのアンテナに引っかかった獲物

それは・・






( ひっそりと、お休み中の華子 )





最近くぅの腕力に着いていけず距離を置く華子

やっぱり、くぅの相手はちょび子しかいないね






『あ~!小雨の中で格闘してるわ~』





いつものことだから見てみぬふりよ、教育担当

もうすぐ雨も上がるかな・・






『雨が止んだら掃除が待ってるな』





そう、床の肉球スタンプ消しが大変なのよー

終わったらコーヒーお願いね?珠緒!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。